専業主婦の副業の注意点

専業主婦の方でも近年、副業をされる方が増えてきました。
ネット環境があればスキマ時間でもできる仕事が増えたためです。
では専業主婦が副業をする場合どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

まずは旦那様にご相談を

黙って始めるのは危険です。キチン言っておきましょう。
なぜなら旦那様にかかる税金が増えたりする恐れがあるからです。
また会社から家族手当などが出ている場合、あなたの所得額によってはなくなってしまう可能性もあります。


103万円の壁は関係ない

まず勘違いされている方が多いのは103万までなら大丈夫。という考えです。
この103万円は「会社」からパートなどでお給料をもらっている方の話なので、専業主婦が副業をする場合は関係ありません。

収入や所得が多いと逆に課税対象に

収入は入ってきたお金のことで、経費などを引きません。
所得は実際に入ってきたお金、経費などを引いた分です。
専業主婦が副業をする場合、問題となる数字は主に33万円と38万円です。
副業で年間33万円以上の所得を得ると住民税の支払いが発生します。
38万円を超えると所得税が発生し、旦那様の配偶者控除がなくなってしまいます。
76万円以上を得ると旦那様の配偶者特別控除がなくなります。
また収入が130万円以上になると、国民健康保険、国民年金に自分で加入しなければなりません。
稼ぐなら思いっきり稼がないと逆に税金の負担が増えて家計を圧迫してしまうことがわかりました。
でも忙しい専業主婦が副業でそれだけ稼ぐのは大変です。
やはりお小遣い程度に稼ぐと考えるのが良いでしょう。

ページ上に戻る