クラウドソーシングとは

クラウド(群衆)とソーシング(業務委託)を合わせた造語です。
不特定多数の人に仕事を頼みたい企業、個人と在宅や副業で働きたい人をマッチングさせるサイトが増えています。

どんな仕事があるのか

「○○文字で△△に関係のあるブログの記事を書いて欲しい」「新しくお店を出すのでその店名を考えて欲しい」など文章を書くコピーライト的な仕事やロゴデザインなどが多いです。
占いや文章の添削指導など変わり種なものもあります。
お金になると思ってもみなかったあなたの趣味や情報を買ってくれる人がいるのです。

人気の仕事はクリエイティブ関係

一番人気と言えるのは企業のロゴデザインでしょう。高額の案件も多く、絵が得意、他人とは違ったものを作れる方にとっては最適です。
企業側からみても有名なデザイナーに頼むと何百万円とかかることもあるものが安く済み、また多くのデザインからロゴを選ぶことができるなどメリットがあります。


自分の得意分野で勝負しよう

クラウドソーシングでは仕事を求める人が多く、競争率も高いです。
苦手な分野ではなかなか仕事が見つからないでしょう。
これだけは誰にも負けない。得意だと思う分野で勝負しましょう。
文章作成でも美容関係から医療、福祉などジャンルはさまざまです。
介護の経験があるのならそれを生かして介護関係の記事作成に応募してみてはどうでしょうか。
クラウドソーシングで仕事を請け負う場合、どのレベルの仕事ならできるのか。
どんな仕事が向いているのかを自分で見極めなければなりません。
いろいろな仕事に応募してみて、自分に合った仕事はコピーライトなのか、文章作成なのか、ロゴデザインなのか知るのも手です。
絵は苦手、と思っていたら独特な世界観が認められる事だってあり得るのです。
チャレンジ精神がクラウドソーシングでは大切になってくるのではないでしょうか。

ページ上に戻る