これからの働き方、パラレルキャリア

「リタイア後に第二の人生を」と考える方は昔からいました。
しかしいまは仕事をしながら全く別のことをする、パラレルキャリアという考えが増えました。
一度に複数の名刺を持つというイメージです。


提唱者はドラッガー

彼が著書の中で提唱した考えです。
副業よりも広い意味を持ち、NPO活動や地域のボランティアなども含まれます。
時間の管理が最も難しいとドラッガー自身が言っているように、きちんと時間の管理ができる人でなければなかなか実行できません。

お金よりも自分磨き

終身雇用が崩れ、お金よりも自分のキャリアやスキル、生き甲斐を大切にする人が増えました。
物があふれる現代ではいかに心豊かに暮らしていくか?の方が重要になりつつあるようです。
そんな方が実行しているのがパラレルキャリアです。ひとつの仕事にこだわらず、いろいろなことにチャレンジする、自分の新しい可能性発見する方法の1つです。

複数のことをすると、どうなるのか

きちんと時間のマネジメントができる人が行えばさまざまな良いことが起こります。
いままで浮かばなかった新しいアイディアが生まれたり、ワークライフバランスが良くなったりして人生に豊かさが生まれます。
地域社会に貢献でき、やり甲斐や生き甲斐を感じることができると言われています。
現代日本に多い仕事だけが楽しみと言う人はどうなるのでしょうか?
いざ引退した時にすることがなく、うつになったり、一日中家にいて何もしなくなってしまったりという可能性があります。
しかし若いうちから仕事以外のことに興味を持ている人はリタイア後も豊かな生活を送ることができます。
地域コミュニティの一員として周知されるため孤独死なども防げると言われています。

ページ上に戻る