副業と確定申告

副業で収入があった場合、自分で確定申告をする必要があります。
税務署から通知が来たり、申告書が送られてきたりする訳ではありません。
では、副業による収入をどのように申告すれば良いのでしょうか。

基本的には雑所得となる

インターネットでの副業が増えています。しかし多くの場合、生計を立てられるほどとはみなされないため、雑所得という扱いになります。
もちろん副業の収入が多い場合は事業所得とみなされます。


雑所得でも事業所得にした方がお得

と言うのも青色申告で65万円の控除が受けられるからです。
また副業で赤字になった場合、本業の収入からその赤字分を引くこともできます。
雑所得で申告した場合、赤字額は1円も考慮されません。

確定申告は怖くない

「マルサがやってくるの」とか「追徴課税」なんて言葉を聞くと怖くなる方もいるでしょう。
しかし確定申告は怖い物ではありません。
わからないことは、どんどんお近くの税務署に相談に行きましょう。
税務署も怖い場所ではありません。
繁忙期はさすがに無理ですが、それ以外の月なら結構空いています。
わからないことを聞けば親切に教えてくれるはずです。
こちらは申告をキチンとしようという納税者なのですから。
むしろ申告せずにいる方が危険です。
マルサがきたり、追徴課税を受けたりしてしまう可能性があります。
近年は不景気の影響やインターネットの普及によって副業を始められる方が増えました。
その中には無申告の方もいると言われていますが、申告はキチンとした方が得になるケースが多いです。
何より申告は私たちの義務なので必ずするようにしましょう。

ページ上に戻る